2018年11月18日日曜日

いすみ市ふるさと応援寄附金感謝乗車券


いすみ市ふるさと応援寄附金感謝乗車券です。いすみ市にいわゆる「ふるさと納税」を行った人への返礼品に加えて贈呈されています。

2018年11月11日日曜日

阪急電鉄回数券カード

阪急電鉄回数カード新様式阪急電鉄回数カード新様式裏面
阪急電鉄の回数券カードです。2018年10月1日に様式改定があり現行様式となりました。
なお同日には金券ショップ対策としてきっぷタイプの回数券の廃止も行われ、阪急電鉄の回数券はカードタイプに統一されました。
複数名で利用する場合など券売機で回数券カードをきっぷに引き換えることは引き続き可能ですが、これまで原券と同等の有効期間だったものが引換当日限り有効に短縮されました。

2018年11月3日土曜日

香港西九龍発行のきっぷたち



なお香港西九龍の窓口で発券した乗車券です。福田(深圳市)から香港西九龍の、いわば復路にあたるものです。印字および裏面注意事項は繁体字と英語の併記となっています。


一方こちらは香港西九龍から深圳北までの乗車券です。表記は簡体字、最下部には「深A售」(深圳駅発売の意味。深圳西駅だと深B售、深圳北駅だと深圳北售になるようです。)と記されていますが、誰が何と言おうと香港西九龍で受け取ったものです。そのために手續費(手数料)10港幣も支払ったんです。この乗車券は内地の鉄道を運営する中国鉄路総公司の予約サイト12306にて予約・決済をしていたため、香港西九龍に設置された内地乗車券を取り扱う窓口にて受け取りました。

2018年10月14日日曜日

香港広州直通列車乗車券

香港広州直通列車乗車券(香港発)
香港の紅磡駅から広州東駅までの直通列車乗車券です。中国国鉄の乗車券に準じる様式となっていますが、実名制が実施されていないため氏名や身分証番号などが印字されていない、運賃が香港ドル建てとなっている、MTRのロゴが地紋に印字されている等、何点か相違点が見られます。なお運賃は両方向とも香港ドル建てで定められており、香港発の場合は香港ドル建て、広州発の場合は人民元建てで支払うこととされています。
国際列車に準じる扱いのためいずれの駅においても専用のきっぷ売り場にて乗車券を購入し、専用の改札口を通過し、出境審査を経て乗車することになります。入境審査は下車後に行われます。飛行機の国際線と同様の流れと言えるでしょう。

2018年9月30日日曜日

対馬交通1日乗車券(韓国語版)

対馬交通1日乗車券(韓国語版)
対馬交通の1日フリーパス券です。韓国・釜山との直行便が数多く就航している比田勝港国際ターミナル内にて購入しました。「おとな 1,000円 小児 500円 6歳未満 無賃」と書かれています。

2018年9月28日金曜日

KORAIL 券売機乗車券

KORAIL 券売機乗車券
KORAIL(韓国鉄道公社)の券売機で購入した乗車券です。KORAILでは首都圏電鉄線(いわゆる地下鉄)区間を除き普通列車が事実上全廃されており、主要な幹線を走る列車は全て指定制となっています。このきっぷは水原(スウォン)15:51発のセマウル1157号で天安(チョナン)までの乗車券です。
KORAILでは駅に改札がなく、すべて車内改札制となっていますが、車掌端末で指定席の発売状況が確認できるため指定の座席に座っている場合は改札を受けることがほとんどありません。そのためきっぷの大きさの制約がなく窓口にて乗車券を購入するとレシートタイプのきっぷが発行されますが、券売機にて購入するといわゆるきっぷタイプの乗車券とレシートタイプの領収書が発行されるという少し不思議なシステムになっています。
券売機は多言語対応しておらず画面は全てハングル表記で、かつクレジットカードも国内で発行されたものにしか対応していない上に、クレジットカード専用券売機がそれなりの数あるため、外国人にはかなり利用ハードルの高い存在になっています。なのに券面にはアルファベット表記が併記されています。

2018年9月23日日曜日

KORAIL 入場券


KORAILの自動券売機にて発行された入場券です。発行に際し料金等は不要で、ボタンを押せば発行されます。(自動券売機にて購入できる乗車券はKORAIL 券売機乗車券の記事にて紹介しています)